口紅

ちふれリップスティックY542の口コミレビュー|イエベもブルベも使える正統派レッド!

更新日:

ちふれリップスティックY542
ちふれリップスティックYは、色落ちしにくくつけたままの発色が長持ちする無香料の口紅です。

カラーバリエーションは9色あり、今日口コミレビューを紹介するのは、イエベでもブルベでも馴染みやすいフレンチレッドの542番です。

34歳のパートです。


いつもリップはちふれと決めていて理由は、なんと言っても断然安さ!500円の安さで、このクオリティは凄いです。

無香料なのも、キツイ匂いが苦手なわたしには助かります。

ちふれリップスティックYは、マットな質感と鮮やかな発色が特徴らしく、たしかに手に取ってみるとツヤ系よりはマットで、べたつくとまではいきませんが、「しっかり」色が乗る感じです。

色味は少し大人びた色のリップを探していました。でも、流行の濃い真っ赤系だと、30代では浮いてしまう気がしたので、すこしだけ赤くちょっとピンクがかってもいる542のレッド系をセレクト。

「正統派」の文字にも惹かれました。夏はオレンジ系が多かったので、秋冬にぴったりかな〜と季節も考慮!

 

ちふれリップスティックY542はブルベでもイエベでもOK!

ちふれリップスティックY542サイズ
パッケージもマットな紺にシルバーのロゴ入りで、少し高級感あります。コンパクトで四角いので、ドレッサーに保管しやすいです。

ちふれリップスティックY542は、正統派フレンチレッドというネーミングで、イエベの人でもブルベの人でも馴染みやすい落ち着いたレッド系の色味です。

 

ちふれリップスティックY542の成分

ちふれリップスティックY542裏面
ちふれリップスティックY542の成分はホームページで確認できます。ちふれは全成分、分量を分かりやすく表示しています。以下、ホームページからの情報です。

・酸化チタン適量・酸化鉄適量・マイカ適量・黄4適量・赤201適量・赤202適量・硫酸Ba適量・油性エモリエント成分パラフィン10.08%・ヒマシ油9.43%・リンゴ酸ジイソステアリル9.43%・エチルヘキサン酸セチル9.43%・オクチルドデカノール5.66%・カルナウバロウ4.71%・シア脂2.83%・ヒドロキシステアリン酸2.64%・ミツロウ2.64%・マイクロクリスタリンワックス1.23%・トリラウリン0.75%・ポリエチレン0.75%・ダイズ油0.03%・ラスティング成分ジメチルシリル化シリカ0.20%・表面処理剤水酸化Al適量・製品の酸化防止剤トコフェロール0.07%・成分の酸化防止剤BHT適量・基剤トリエチルヘキサノイン全量を100%とする

 

ちふれリップスティックY542の色味

ちふれリップスティックY542色味
ちふれリップスティックY542は中身もいたってシンプルですが、このリップ自体の太さも塗りやすくて気に入っています。

そのままみると、濃い色に感じますが、塗ってみると、案外、濃い感じはしません。

レッド系ですが、落ち着いていて肌馴染みがいい色味なのでイエベの人でもブルベの人でも似合うからーです。

ちふれリップスティックY542の発色

ちふれリップスティックY542発色
肌が白いので、明るすぎる色だと浮いてしまうのが悩みでしたが、かといって落ち着きすぎても老けて見られる? とアラサーの悩みは尽きません。

ちふれリップスティックY542の色味や発色は、レッド系とは言っても鮮烈な赤ではなく、落ち着いた濃いピンクに近い色味で挑戦しやすかったです。

重ね付けすることで発色の濃さも変化をつけれるのでその日の気分によって使い分けできます。

 

ちふれリップスティックY542の口コミレビュー

秋冬はちふれリップスティックY542一本で乗り切りました。ひと塗りでもいいですし、重ねて塗って、上からピンク系のグロスを塗っても映えます。

マットだからなのか、冬に使っていたからか、時間が経つと乾燥するので、私は下地にふつうのリップクリームを塗って、その上からちふれリップスティック、上からさらにパール系グロスの三段構えで使用していました。

このリップのいいところは、マット感+鮮やかな発色なので、上からグロスを重ねづけしても大きく印象が変わることなく、すこしマイナーチェンジが行えるところです。

手持ちのパール系グロスでも、ツヤ系グロスでも合いました。

 

コスパ
発色
アレンジ


(※あくまで個人の評価です。)

 


 

-口紅
-, , , , , ,

Copyright© プチプラコスメの口コミブログ プチビュー , 2019 All Rights Reserved.